難聴の種類

難聴の種類

伝音性難聴(でんおんせいなんちょう)

外耳、中耳に何らかの病変または衰退による難聴で、鼓膜の損傷、中耳炎、耳小骨の異常などが主な原因で、中等度以上の難聴にはなりません。基本的に医学的な治療によって治りますが、難聴が残る場合があります。

感音性難聴(かんおんせいなんちょう)

蝸牛から脳中枢にかけての病変または衰退による難聴で、その大半は加齢や騒音、耳毒性薬物などによる蝸牛の有毛細胞障害です。一部の難聴を除いて医学的な治癒は困難で、難聴の程度は軽度から全聾まで広範囲に渡ります。耳鳴や音の大小の感覚異常、言葉の意味の分析能力低下などが併発し、補聴器に馴れるのに多少の訓練が必要になります。

混合性難聴(こんごうせいなんちょう)

伝音性難聴と感音性難聴が混じった難聴です。中耳炎が悪化して内耳にまで及んだ難聴が代表例です。